たった一言を添えるだけで劇的に印象に残る

たった一言で印象は変えられる? 

 

名刺を渡すとき

 

 

1.名刺も渡し方を変えるだけで、お客様に強烈な印象を残すことが出来ます。

この場合、名刺は二枚必要になります。

前回、前々回と「個人ブランディング」についてお話をしました。

 

 

2.この個人ブランディング名刺を渡すタイミングがとても大切なのです。

例えば、あなたが営業マンで会社の名刺と個人の名刺を持っているとした時に

ただ単に最初に二つの名刺をだしても面白くありません。

まずは堅い名刺を出して、本当に「この人と仲良くなりたい」「これからもお付き合いをしたい」

と思ったときに個人名刺を出します。

 

 

3.たった一言を添えるだけで効果は抜群

 

「実はこれ仲良くなった人だけにお渡しさせて頂いている名刺なんです」

 

これにより受け取ったお客様は「特別な存在」という優越感を感じることができます。

また、あなたのパーソナルな情報を知ることであなたに親近感を感じます。

 

名刺はひとつだけ持つもの。
名刺は会社からの支給名刺だけをつかう。

この発想をなくしてみると、名刺ひとつでとても面白い人脈を作ることができますよ。

※実際にこの手法は弊社の代表が使い、たくさんの仲間と出会うことが出来ました。

 

 

—————————————————————————

あなたの魅力を200%引き出すこだわり名刺の専門店名刺のリップル

全国からご依頼いただいております。

もちろんご来店いただいて商品を見ながらお話をすることも可能です。

—————————————————————————

ページの先頭へ