苦手を「楽しみに」発想の転換でビジネスは面白くなる。

「日々、一生懸命営業をしようとしていませんか?」

 

 営業

 

 

 だから、沈黙が恐くて、「しゃべりすぎていませんか?」

 

「営業中の沈黙は恐い」
「お客さんを退屈させてしまうようで恐い」

 

これらを乗り切る方法として2つの考え方があります。

 

まず1つが、「営業が苦手、沈黙が苦手」ということをあらかじめお客様に伝える

 

基本的に、人は「自分のことをわかってもらいたい」からこそ「話をするのが好き」

逆転の発想で、お客様にすべてを話してもらえるように仕掛けを作る。

 

 

その方法として有効なのが、これ。

 

 

 

会社案内名刺

自分のことをここぞとばかり記載することで、あなたとの共通点を

お客様が勝手に発見し話をしてきてくれるでしょう。

 

 

 

もうひとつがこの考え、

 商談中の沈黙をフランスでは「天使が通る」というようです。

 

もし、沈黙をしたら「あっ天使が通りましたね」なんて言ってみてはいかがですか?

 

ちょっとした知識があるだけで、沈黙が苦手から沈黙することで武器が出せる。

なんて、マイナスをプラスに変えることが出来ますね。

 

 

 

—————————————————————————

あなたの魅力を200%引き出すこだわり名刺の専門店名刺のリップル

全国からご依頼いただいております。

もちろんご来店いただいて商品を見ながらお話をすることも可能です。

—————————————————————————

ページの先頭へ